トップビジュアル
 

経営TOPメッセージ

NaITO RISE HOME > VISION:経営TOPメッセージ

 

取締役 営業本部長

徳田 信幸

グローバルな舞台で、「ものづくり」を根幹から支える。大きなやりがいを感じながら、社会人として飛躍できます。
取締役イメージ1
機械工具の専門商社として、国内外で幅広く活躍しています。

ドリルやタップ、エンドミルなど、金属や樹脂を削ったり穴を開けたりする切削工具の取扱量では、国内No.1の地位を守り続けています。他にも産業機器や工作機械、そして最近では計測分野にもビジネスを展開。NaITOは、ものづくりの現場に欠かせない工具や機械を扱う専門商社として、国内のみならず海外へも、着実に活躍の場を拡げています。
当社で取り扱っている商品は、自動車、造船、家電、食品、医薬品など、ほぼすべての業界でのものづくりに必要不可欠と言っても過言ではありません。中でも、現在注力しているのが航空機関連分野。航空機需要の高まりとともに、各メーカーの取り組みも増え、当社でも新たな成長分野となっています。また、少子高齢化とともに今後広がりを見せると予想されるロボット産業へも、積極的にアプローチしています。 従来は、機械工具メーカーから商品を仕入れて在庫として保管し、必要なときにタイムリーに供給することが当社の役割でした。しかし現在では、ただ注文を待つのではなく、国内外約1,000社、数10万アイテムにおよぶ商品情報を的確に集め、販売店のパートナーとしてその先のユーザー(各業界の製品メーカー)へ積極的に提案していくケースが増えています。
時代が変わり、ビジネスにもより一層のスピード感と多様化が求められる昨今、あらゆる業界のものづくりを支えていくために、当社にも大きな変化が要求されているのです。

NaITOの役割

NaITOの役割
プラスαの付加価値をつける。グローバルな視点を持つ。

世界経済における新興勢力の台頭、環境問題、少子化問題など、日本のものづくり企業はいま、大変な波にさらされています。大量生産・大量消費の競争では「低価格」こそが目指すべき価値でしたが、日本企業が生き抜くためには、それだけでは足りません。そこに、どんな付加価値をつけるのか。どんな独自性を持たせるのか。それは、技術改良にも大きな影響を及ぼします。これまで機械工具を仕入れ、保管し、供給してきた当社では、これを好機ととらえ、より積極的に「ソリューションパートナー」となるべく、新たな視点を導入した事業を推進しています。
ひとつは、個々のビジネスの深化を目指すもの。単に商品を供給するだけでなく、技術・情報などの経営資源を実際の現場にスピーディーにお届けできる体制を強化しています。専門商社として培ってきた機械工具メーカーとの絆と商品知識を最大限に活かし、販売店と連携しながらユーザーに提案しています。
また、もうひとつは、グローバルな視点を持った事業展開です。生産拠点を国外、特にアジアへシフトする国内ユーザーを支援するため、社員を海外に派遣。ベトナムやタイ、インドネシアなど海外に新たな商品供給チャネルを開拓、現地におけるものづくりを支援しています。同時に仕入先である国内・海外メーカーとの関係を深めて情報交換しながら更に知識を高め、日本のものづくり企業が今後活躍の場を世界へ広げていく際に、「必要とされる企業」「なくてはならない企業」であり続けることを目指します。

社員が力を存分に発揮できる環境の構築にも余念がありません。

激動の時代の中、海外を舞台に日本企業がいかに成長していくのか。その大きなカギを握っているのが当社であり、一人ひとりのNaITO社員です。ビジネスを進めていく上で、商品知識や市場動向、製造過程にいたる一貫した情報・知識が欠かせないと考える当社では、機械工具メーカー独自の勉強会への参加や資格取得奨励など、さまざまな角度から社員の成長を支援。スキルの高さで販売店やユーザーの信頼を得るともに、「自分たちの商品を知ってくれている」「現場のニーズが吸い上げられる」という側面から、メーカー側とのよりよい関係性の構築にもつながっています。
当社が社員を採用する上で重視しているのが、タフさやバイタリティーです。営業として、人とのふれあいが好きであることはもちろん、目標に向かってたくましく挑戦し続けることのできるマインドは必要不可欠。さらに、グローバルな展開をふまえ、海外でのビジネスに意欲を持った人材の採用も当社の大きなテーマです。
風通しよく、社員が存分に力を発揮できる環境をつくるために、組織としてもさまざまな改革を実施。例えば産休の制度化により、結婚退職する女性社員が減りました。まだまだ女性の比率が低い業界ですが、男女問わず、それぞれの個性や魅力を活かして働けるようなそんな会社を目指してこれからも改革を進めてまいります。ものづくりを支えるというやりがいとともに働き、成長していきたいという皆さん。私たちと一緒に新しい時代のNaITOをつくっていきませんか。

取締役イメージ2
取締役イメージ3
 
pagetop