トップビジュアル
 

先輩メッセージ

NaITO RISE HOME > FIELD:先輩メッセージ(支店長)

支店長

播野裕之

東京営業部 西東京支店1994年入社

入社の動機

営業を志望して商社に絞り込んで就職活動。NaITOへの入社の決め手となったのは、採用担当者の人柄や雰囲気に惹かれたから。

こんな仕事です

支店のメンバー一人ひとりと話し合って提案型営業スタイルを浸透。
0810 出社
820 朝礼:ルートセールス、内務セールス、全員で情報共有をします。
830 前日の売上チェック?必要に応じ担当者から状況をヒアリングします。
※並行して、人員状況に応じ、内務セールス/ルートセールスの業務をサポートすることもあります。
1200 昼食
1300 外回り出発、ルートセールスへの同行、又は単独で顧客先を訪問して商談します。
1700 個々のルートセールス、内務セールスとミーティングをして様々な相談に乗ります。
2000 帰社
 

入社後、1年間は大阪で商品管理を担当して、その後神戸支店へ異動。約7年間は内務セールスを、その後の約7年間はルートセールスを経験した後、38歳の時に支店長を任されました。その2年後に異動となり、現在は西東京支店で支店長を務めています。
関東と関西では市場規模も顧客層も違います。関東の優良な顧客に、関西で培った新たな市場を開拓する営業スタイルを融合させていくことを目指して、一人ひとりのメンバーとじっくりミーティングをしています。内務セールスであれば、単に日々の注文を受けるだけでなく、電話から顧客ニーズを吸い上げてのアプローチ。ルートセールスであれば、顧客(販売店)からエンドユーザーである各業界メーカーの情報を吸い上げて、こちらから提案していくスタイルの営業アプローチを推進しています。

仕事のやりがいは、ここ!

自分が描いた営業ストーリー通りに契約できた時は大きな醍醐味が味わえる。

まだルートセールスをやっていた時代の話ですが、新たな販売市場を広げる事を念頭において、販売店を訪問している時に、鉄道関係の大規模なプロジェクト情報をキャッチしました。そこで自分なりにストーリーを描いて営業戦略を立て、販売店さんと一緒にエンドユーザーへ提案を行いました。その結果、大規模な商品納入が決まったんです。まさに自分が立てたストーリー通りの展開で、最高の気分でした。社内でもこの事例が成功事例として共有されました。
今は支店長として、自分がこれまでに培った経験やノウハウを応用して、メンバーたちと一緒に新たな成功体験をつくっていこうとしているところです。

会社のここが好き/こうしたい

現状に満足することなく、新たなビジネスチャンスを開拓していきたい。

私は支店長という役職にいますが、関東エリアはまだ勝手が分からない部分も多いので、逆にメンバーから教わることも度々あります。自分一人が先頭に立つのではなく、私が目指す「攻めの姿勢」の営業スタイルを、みんなの意見を取り入れながら、一緒につくりあげていける。そこに大きなやりがいを感じています。
当社は仕入先数が多く、部品から各種機器や設備まで様々な商品を扱うことができます。そして販売店の顧客には、多種多様な業界のビッグ・ユーザーがいて、可能性に満ちたビジネスチャンスが数多く眠っています。それを、みんなと一緒に開拓していきたい。地道に頑張れる人、創造性がある人、顧客との関係構築がうまい人など、NaITOにはいろんなタイプの人材が活躍できる場があります。これから入社する若いメンバーの活躍に期待しています。

 
pagetop