トップビジュアル
 

先輩メッセージ

NaITO RISE HOME > FIELD:先輩メッセージ(ルートセールス)

営業(ルートセールス)

鈴木 雄一郎

東京営業部 東京支店 2001年入社

入社の動機

「人と会うのが好き」で、営業職を中心に就職活動をした。NaITOへの入社の決め手は、「他にはない強みを持っている専門商社」だと感じられたから。

こんな仕事です

担当の販売店は50件以上。派手ではないけれど、やりがいのある仕事です。
0800 出社
0830 出発の支度:お客様のもとへ持参するカタログや見積のチェックをします。
1000 出発:担当エリアに向けて自動車で出発。午前中のうちに2?3件は回ります。
1200 昼食:昼食は外出先で。おいしいお店を見つけるのも楽しみのひとつです。
1300 訪問再開:再び担当しているお客様を訪問します。
1400 連絡等:この時間帯は、お客様の担当者が不在のことが多いため、内務セールスへの受発注連絡にあてます。
1600 訪問再開:再び担当しているお客様を訪問します。
1900 帰社:一日の仕事の整理。事務処理や上司への報告を行います。
2000 退社
 

私が働いている東京支店は、尾久にあるNaITO本社ビルの1フロアにあります。ルートセールス4名で23区全域をカバーしており、それぞれ50~60件の販売店を任されています。さらにその販売店が数百件の工場を客先として持っているので果てしない数です。メーカーも販売部門を持っていますが、この件数を営業が回るのは現実的に難しいためNaITOがメーカー代理としてフォローしています。
私は1日に10件前後のお客様を回っています。新商品のPRや各メーカーの期間ごとに行われる販促企画の説明をしたり、ユーザーのニーズをヒアリングして最適な商品を提案しています。ものづくりに携わるお客様と日々接する中で、日本のものづくりにとってなくてはならない仕事だと実感できる毎日です。

仕事のやりがいは、ここ!

お客様とダイレクトに接して生まれるチャンス。自分の提案が採用された時は最高の気分です。

以前は内務セールスの経験も2年ほどありますが、電話だけでは提案の意図がうまく伝わらないジレンマがありました。だから自分としては今のルートセールスが好きですね。お客様である販売店の方と直接会ってお話ができるので、悩みにせよ、喜びにせよ、直接伝わってくるわけです。新しい商品を提案するにしても、そうしたダイレクトの情報を活かせる強みがあると思います。
新規顧客を回る営業とは違い、販売店へは継続して定期的に訪問しますので、信頼関係や深い人間関係などを築いていくことができます。そうした販売店とのやりとりの中で漠然としたニーズからもっといい商品を提案できるチャンスや今まで扱ったことのない商品を提案できるチャンスを見つけられる瞬間があるんです。自分がお客様の問題に対して提案した商品が契約に至った時の喜びは格別ですね。

大石さんイメージ2

会社のここが好き/こうしたい

風通しの良さ=NaITOの社風。物怖じすることなくチャレンジできる会社です。

メーカーの方などからも頻繁に言われますし、自分でもそう感じることですが、NaITOの一番の特徴は、とにかく「風通し」がいいこと。上司や同僚と自然に意見交換ができる機会も頻繁にありますし、社歴に関係なく、物怖じすることなく、新しい取り組みにチャレンジしたり、会社に対してもいろんな改善提案ができます。堅苦しさはまったくありません。
この仕事に必要なのは、先輩や同僚とも、お客様ともいい人間関係が築けるコミュニケーション能力と、変化に対応できるスピード感と、商品知識を身につけていく学習意欲だと私は思っています。風通しの良い社風のもと、自分にしかない武器を身につけたいという意欲ある仲間に、ぜひ来てもらいたいですね。

 
pagetop