INTERVIEW

海外駐在

黒岩 香苗

2015年4月入社
外国語学部卒

Profile

自分の語学力(タイ語)を活かせると感じ入社。1年間海外部に配属後、SOMAT Co., Ltd.(タイ)へ。

[キャリアの変遷]

1年目~海外部 2年目~SOMAT Co., Ltd.(タイ)に出向

現地法人の営業活動支援やスタッフのマネジメントを通じて、
タイにおける機械工具の受注拡大をはかる。

現在の仕事

タイ現地法人「SOMAT Co., Ltd.」で、社内スタッフや現地企業のローカルエンジニアとコミュニケーションを取り、販促活動をフォロー。現地スタッフのマネジメントを行いつつ、日系企業や現地企業と商談して、契約後はスタッフへ引き継ぎます。

印象に残っているエピソード

言葉には毎日苦労しています。もどかしいけれど、身振り手振りに、写真や図、英語やタイ語などを駆使し真剣に話をすれば、相手も真剣になって話を聞いてくれます。意思の疎通がうまくはかれたときは、「理解し合えた」という手応えを感じます。

この仕事の魅力

タイには、自動車関連や精密機器関連の日系企業が数多くあり、エンジニア部門には熟練者たちが集まっています。そうした方々のもとで、製品が加工される現場に立ち会い改善提案をして、見事採用された時の達成感は大きな充実感があります。

将来目指したいこと

タイだけでなく、国内外を問わず弊社提案の商品の販促活動に携わりたいと考えています。将来の目標に向けて、今は貴重な実地体験を積む機会だと考えています。やりたい!と手をあげたら、必ず応えてくれてチャレンジの場が広がっていきます。

この仕事で関わる人

ユーザーの要望する商品や改善策のほとんどは、機械工具業界の専門知識が必要で、一人で解決するには難しいものもあります。そういう時は、国内の先輩社員やメーカー担当者、時には顧客に教わりながら、日々実践的に学んでいます。

海外駐在の1日

  • 8:00
  • 09:00
  • 13:00
  • 17:30 - 19:00
  • 8:00

    タイ人の運転手が迎えにきてくれた車で出社。メールチェックや書類に目を通した後、1日の行動の流れを確認。

  • 09:00

    ローカルスタッフとともに顧客事務所を訪問して、商談します。

  • 13:00

    引き続き、ローカルスタッフに同⾏して顧客訪問をします。

  • 17:30

    帰社後は、不在時のメールや書類を整理します。仕事終わりに先輩社員や取引先の⽅々と会⾷に⾏くこともあります。

RECRUITING TOPICS

2018.02.08

2019年度新卒採用ページの公開をスタートしました。

マイナビ2019